月別アーカイブ: 2016年7月

毎日の積み重ねで少しは状況が変わるのかもしれないと信じたい。

私は元々髪の毛が多く、まとまらずに悩んでいました。高校生の時はロングのストレートヘアーでしたが、夏は首に絡みついて暑くて大変なくらいでした。私が髪を気にしだしたのは、社会人2年目の時です。仕事の時はクリップで一つにまとめている事が多かったのですが初めはそのクリップで留まりきらずに後れ毛が沢山でていました。気づいた時にはきっちり留まっていてとれなくなっていました。あれ?と思い、シャンプー後髪の毛を乾かす時に洗面台とは反対方向に体を向けて乾かすようにしました。こうすると、乾かす時に抜けた髪の毛が全て洗面台に落ちるのでどれくらい抜けたか解ります。その日初めて自分の髪の毛が大量に抜けていることに気づきました。数えてみると50本以上です。髪の毛を乾かすときだけでそんなに抜けているので、洗髪時にはきっともっと抜けているはずです。私は怖くなりました。その日から、ネットで検索し、髪にいいとされるharuシャンプーというのをとりよせ、使い始めました。それと同時に頭皮マッサージを毎日するように心がけ、髪を乾かした後はthe scalpというキャピキシルの育毛成分の入ったトニックを使いました。私が思っていたのは、何で若いのに。何で女なのに。という事でした。まだ20代前半だったのできっとその歳で髪が抜けて悩んでいる子なんて殆どいないだろうし、何故自分だけ。と凄く悩みました。しかし、普段は気にしていませんでしたが自分がこうなってから同じ歳位の人の頭を電車の中などで良く観察するようになりました。すると、あれ?一緒くらいの毛量・・・。と思う人やヤバイよ。と思う人も結構いたのです。皆がそうだからいいか。ではありませんが、自分だけじゃないんだと思いました。思いつめなくなったのが良かったのか、シャンプーやトニックが効いたのか解りませんが今は少しずつ回復してきたように思いますプランテル

健康のために簡単にできる現象。それはヨガとデトックススープ。

自分は週間に一年中ほどヨガに通っています。まだまだ半年たらずなので、一息が完璧にできるわけではありません。ただ、自分にしてはめずらしく通うことが続いています。自分は必ずや体を動かすことが嫌いで、でも現役と減量と思い、それほどクラブに出席するんです。でも実質数か月経つ位には幽霊仲間になってしまいます。地元の駅舎にヨガアトリエができ、通い始めはこれも続かないだろうなと思いながら出席。しかし自分にヨガがあっているのか、今も面白く通えています。ヨガには減量目当てもありますが、体躯を鍛えることを目的にしています。また排便がよくなるので便秘も解消されました。自分は腸が実際軽くて、しばしば便秘と下痢を繰り返していました。下痢の度数も減ったし、連日スムーズです。よがには体の現役を整える力があるんでしょうね。副交感神経も刺激され、ヨガをしたお日様の夜は思い切り快眠がそれほど感じられるし、ヨガをしている間は頭のストレスになる考え事からも解放されるので、0になれます。
ヨガと合わせて、毎月ほど1ウィークの毒消し日課も作っています。それは、一つのスープとほかの料理を7日間決まった食事をするだけです。こういう歳月スープは好きなだけ食べても好ましい。食べれば食べるほどいいと言われているスープなのです。僅かセロリのテーストが効いていますが、ミネストローネ独特で自分は相当大好きなので、減量を無理なくできます。日によってはお肉なども食べれるし、忌まわしい本心もしません。こういう歳月も、セロリのせいなのか、本当に排便がよくなります。
ヨガとこういうランチタイムを併用させて3か月際ほどですが、ウエイトも回数キロ減り、また排便も美しくなし腸内環境が整えられ素肌状態も良くなり、一石二鳥。
これからも続けて心身共に尚更健康になることを目指します。薄毛 女性 育毛剤